花器と道具

  • その他の花器

「くもい」一輪挿し

雲のように自由な形が特徴の一輪挿し

吹きガラスの際、溶解炉に溶けているガラスは水飴のようにやわらかくなります。それを竿に巻き、形作る途中の“柔らかさ”を表現したいという思いから生まれた一輪挿し。

雲のイメージの先にふと目に留まった「雲居(くもい)」と言う言葉。雲居は、雲のある場所・雲のたなびいている所・大空という意味。心地よい言葉の響きとともにお楽しみください。

「やさしく、やわらかく、ここちよい。」

心に素直に心地よく入ってくるものを創り出したいという思いから生まれた作品。

ガラスには「硬い・冷たい」といった印象をもたれる方もいます。しかしつくる工程では、高温で熱して溶解したオレンジ色の原料は、とても温かみを感じる。その印象を大切に仕上げる小路口力恵さんのガラスは、陽だまりのような温もりをまとっています。
触れた質感は、まさに和紙のように肌にじんわりとゆっくり馴染んでいきます。

 

手で感じ、手で視ることを大事にしたモノづくり

眼では見落としてしまうことも、手で視ることがでる。
そのように感じる所以は、小路口さんの父方・祖父母が全盲だったこともあるようです。いつしか芽生えた“手て視る”気持ち。見えないからこそ、視覚以外の感覚をフルに活用した姿が身近にあったということは、確実に今のモノづくりに繋げられています。

「くもい」一輪挿し

小路口屋 硝子工房 作家のご紹介

1972年、富山県富山市で誕生した小路口 力恵(しょうじぐち・りきえ)氏。1995年、富山美術工芸専門学校デザイン学科研究課程修了後、富山ガラス造形研究所研究科を経て、富山ガラス工房に所属。2005年“小路口屋”硝子工房を設立し「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトに制作。制作した作品の一部は、石川県能登島ガラス美術館、東京ミッドタウン ガレリア、インターコンチネンタルホテル大阪、韓国陶磁財団などの収蔵品に選ばれています。

  • その他の花器

「くもい」一輪挿し

溶解炉の中で溶けるガラスの様を、雲のような自由なかたちで表現した一輪挿しです

原材料
ガラス
サイズ
口径(約)4.6×幅9.5×高さ6.7cm
※不定形
40ポイントを獲得
¥4,400 (税込)

在庫あり

数量
40ポイントを獲得

注意事項

  • この商品はおひとり様につき1点づつのご購入となります。