切り花を長持ちさせるために

切り花を長持ちさせるために

お気に入りのお花をお部屋に飾っても、長持ちしない・・・
そんなお悩みを解決するべく、今回は切り花を長持ちさせるためのマニュアルを
ご紹介させていただきます。

切り花を長持ちさせるために

1.冷暖房の風に当てない

冷暖房の効いた部屋に置くときは、直接風の当たらない場所に置きましょう。
直接当たる風は、お花を乾燥させ枯れる速度を速めます。
乾燥が気になる場合は霧吹きで水分補給をしてあげましょう。
花よりも葉にかけると良いですよ。

2.できるだけ涼しい場所に置く

直射日光の当たらない場所に置きましょう。
日が当たって水温が上がった花器の中は細菌が繁殖しやすくなります。
当社取り扱いの切り花延命剤『クリザール』は非常に有効です。

3.花器・茎はよく洗う

根元を1~2cm切り戻して、新しい水の吸い口を出してあげましょう。
もし根本が変色しているようならその部分は切ってください。
また、茎についたぬめりも洗い流すのを忘れずに。

4.葉や小さすぎるつぼみは適度に取り除く

たくさんのつぼみや葉がついていると水あげにエネルギーが使われ、開花を防ぎます。
本命のつぼみやお花以外は省くようにしましょう。

5.花粉を取る(特にユリ類)

花粉を取ると花持ちも良くなり、花びらや周辺を汚しません。

全国の生産地に直接足を運び旬のお花の選定や、ケニアから直接フェアトレードしたバラを買付し、送料・年会費一切無料にてお届けしております。生産者が大切に栽培した環境にやさしいお花をこれからも丁寧に皆さまへお届けしていきます。

カートに商品がありません。